読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

交通手段の話

私は関西に住んでいる。

生まれは東北だが、物心つく前から関西に住んでいるし、就職しても結婚しても関西にいる。

関西が好きだ。

 

だから藤ヶ谷くんを好きになるまで、こんなに東京に行く事はなかったし、宿泊で出かけるなんて友人を訪ねに行くか海外旅行くらいで、年に数回のみだった。

 

ちなみに私は旅行会社勤務だけれど(誰も興味はないと思うけれど、だからこそこのブログのタイトルなのだ)、海外の担当なので国内の移動の仕方についてはあまり知識がない。

 

▼そんな私が遠征の時に使う方法▼

第1位:飛行機

第2位:バス(夜行含む)

第3位:新幹線(東京行きで使ったことは無い)

 

この中でも断然飛行機が多い。何せ、早いし安い!幸い、空港に行くのも不便ではないところに住んでいるし、仕事柄、空港や飛行機が好きだ。

それでも飛行機のチケット代金がなかなか下がらない時は夜行バスを使う。

 

▼夜行バスで譲れないところ▼

第1位:3列シート

第2位:アメニティ

第3位:トイレ付き

 

多少金額が上がったとしても、3列シートは絶対に譲らない。(昔、夫と長野へスキーに行くのに4列シートの夜行バスに乗ったが、着いてもスキーどころではない体の痛さだった)

アメニティというのは主に毛布のことだけれど、3列シートで毛布が用意されていないというはほぼない。

ただ、3列シートにも落とし穴がある。

 

一番前の席だと脚が伸ばせない!

 

6月MARS舞台挨拶の時、往路を夜行バスにしたが、3列シートだったものの一番前(運転席の真後ろ)だったため、シートピッチが異常に狭く、脚が全然伸ばせなかった。これは思った以上の苦痛である(脚は短くとも)。

座席指定ができるなら次回より一番前は絶対避けるべし。

 

余談だけれど、8月の東京コンサートからの帰りに夜行バスを利用した際、なかなかバスが出発しなくて何かと思っていたら、

「このバスに変な人が乗ろうとしてます!皆さん気をつけて!!!」

という運転手の声が聞こえた……最終的には何事もなかったけれど、安心面でもやはり私は飛行機を推す。

もちろん、気候や機材メンテナンスなどによる欠航は飛行機は避けられないけれど(先日のエイターさん札幌に着けない事件とかね)、それさえなければ飛行機もなかなか快適である。

 

東京に住んでいる人はいいなぁと思う事はあるけれど、地方だからこそ遠征の度に小旅行を味わえるのも、私は悪くないと思う。