読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y-横尾渉の話

私は夫とともに「横尾世代」である。

断言しておこう。

あんなに良くできた30歳男性は滅多にいない。

 

料理をプロ並みにこなし、マナー違反は許さず、周りの人間には気を遣い、与えられた仕事には真摯に取り組み上達し、家では犬をかわいがっている。

これだけ並べると恋に臆病な主人公が安易に好きになってしまう手の届かない男の描写のようだ。 

彼の不得意な事と言えば、歌とダンスだろう。アイドルとしては致命的である。私見なので全員ではないことは承知しているが、彼のファンは彼のアイドル性よりも「人間性」に落ちた人の方が多いのではないだろうか。斯く言う私も藤ヶ谷太輔担を名乗ってはいるものの、結婚するなら確実に横尾渉を選ぶだろう。うちの夫に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい(ケンカしたところなので夫への意見が厳しい)

 

もし彼がアイドルではなかったら、とっくに結婚していただろう。

何かの番組で「この仕事をしている以上、親に孫の顔などなかなか見せることはできない(ニュアンス)」と言っていたが、その時の彼からはどんな感情も見受けられなかった。そこに私は彼の「誇り」を感じた。(知らん)

 

歌もダンスも苦手なアイドルは、 肩書きに捕らわれずTVに出続ける。ファンの層も変わることだろう。横尾渉こそが、キスマイのファン層を広げるキーパーソンだと、私は信じている。