読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y&F-わたたいの話

何だ、あのダサいニューエラは!!!

◆わた

◆たい

◆わたたい

やってることは完全にJKである。いや、君たちアラサー男子だよね???

と言いたくもなるこのコンビ。

 

末っ子だが年上の横尾渉

長男だが年下の藤ヶ谷太輔

 

「キャラクター的に(キャーを)取りに行かないといけない」と言っている藤ヶ谷太輔のイケメン枠を良い意味でぶっ壊してくれるのは、横尾渉しかいないだろう。

構図としては、Sっ気のある彼女と優しい彼氏に見える。しかし実態は甘やかされたいニャンニャン彼女とSっ気(ただ、彼女には甘い)彼氏なのだ(いや、何だこれ)

 

「わたぁ!わたぁ!」と彼氏を呼ぶ藤ヶ谷太輔と、それをニコニコ見ている横尾渉。 コンサート中雄全開の藤ヶ谷太輔よりも、そちらの方が素に近いように見えるのは私だけだろうか。

無理をしているわけではないと思うが、「(キャーを)取りに来ているな」という印象が無くもない。

ただ、横尾渉と一緒にいてニャンニャン言ってる藤ヶ谷太輔も、100%素ではないと思っている。(自分で書いていて何が言いたいのかわからなくなってきた……)

何となく「こうやって(ラブラブしてい)るわたたいが好きだろ?」という気持ちが見え隠れしているような気もするのだ。

 

先日藤ヶ谷太輔に対して「周りが思っているよりも少し自尊感情が低い」と書いたのだが、横尾渉といる時にはそれは一切感じられない。アイドルゆえ、100%素を見せてないと言えど、横尾渉の事が好きだという気持ちは100%本物なのだろう。

横尾渉もワンだフォーの際に「みんなが見た事ない藤ヶ谷太輔を見せたい。それができるのは俺だから(ニュアンス)」と言っていた。(そこら辺のカップルよりも、相思相愛度が高いのではないだろうか……)

 

不安定に感じる部分が一切ない公平な関係、わたたい。

世界の全カップルがこのような関係であれば、世の中LOVE & PEACEなのに(知らん)

 

あの2人「友人同士」というカテゴリーには絶対入らないなぁと思いながら、“最後もやっぱり君”でふざけている藤ヶ谷太輔(その目線の先にはもちろん横尾渉がいる)を見てニヤニヤする私である。